Mr.Children「365日」

Mr.Children「365日」

Mr.Children「365日」 結婚式で流すウェディングソングをどれにしようか迷うことはありませんか。そんなときは、ウェディング定番曲であるMr.Children「365日」がおすすめです。
Mr.Childrenは、年齢や老若男女問わず幅広い年代の方に親しまれているアーティストです。結婚式のBGMに使用されることも多くて人気があります。披露宴などの著作権を管理しているISUM(一般社団法人音楽特定利用推進機構)でも、ミスチルの曲は利用可能楽曲として取り扱われているので、安心して使用できます。「365日」は、スローテンポな曲でピアノのやさしいしっとりとした音色のイントロからはじまります。恋人や夫婦といった最愛の人への愛情や絆の気持ちを綴る、心あたたまる歌詞が評判をよんでいます。入場やキャンドルサービスの時、花束贈呈やエンドロールなどの、披露宴の幅広いシーンに活用できます。会場の雰囲気もあたたかい雰囲気になるのでおすすめの一曲です。

大切な音楽にウェディングの定番曲絢香を使う

大切な音楽にウェディングの定番曲絢香を使う 結婚式や披露宴では決めなければいけないことが目白押しです。席順や内容・流れ・段取りなど一通り選択することがたくさんありますが、どこにどのような音楽を使うのかも大切なことです。
インストルメンタルで進行の妨げにならない、無難な曲を選ぶのも良いですが、好きなアーティストの音楽を流せばさらにテンションを高めることができます。海外の歌手が歌う定番曲もたくさんありますし、J-Popでもよく使われているアーティストがいます。例えば、絢香はたくさんの曲が使われている歌手の1人です。
サクラや365・手をつなごうなどは、ウェディングの中で使う曲としても最適です。ゆったりと歌詞の内容を聞かせる歌が多いので、披露宴にも使いやすくたくさんの人に利用されています。入場から使う人もいれば、ウェディングの最後1番盛り上げるためにかけるカップルも多いです。女性からも男性からも愛されている定番曲がたくさんあるため、選ぶのに困るほどです。

新着情報

◎2020/8/24

Mr.Children「365日」
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

コブクロ「Million Films」
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「ウェディング 音楽」
に関連するツイート
Twitter

RT @kudokyohei_vol2: 【7/14リリース】 豪華2枚組・全23曲入りのコンピレーションCD「いとお歌詞集 その壱 -作詞フェス作品集-」 僕は「ハッピーウェディング」「MY FEAR」の2曲参加しました。 道内の玉光堂さん、4プラの音楽処さん、各アーティ…

Twitterじんまさ@虐待といじめを乗り越えた男@gcode2012

返信 リツイート 昨日 18:46

返信先:@la_okaki他1人 懐かしい! 藤川球児の歌は野球にウェディング要素を足してくださいみたいなお題に「パパパパーンパパパパーンエーブリルシンの音楽で藤川がでてくる」みたいなハッピーターン(現ハッピイターン)の解答です。

ぶっちゃけた考えすると、音楽ダメ、ウェディングプランナーもダメってなったら、ワンチャンポーカーで正社員なるのもありかなってちょっと思ってる。

返信先:@sladyAD0yTarxjX 一人が好きなんよ。朝イチで鍵開けて、コーヒー入れて好きな音楽流して、とりあえず松山ケンイチの雑誌の切り抜き眺めて(職場を私物化)一気にウェディングケーキ2台作る。で昼からまた2台。その合間に店のケーキ出して後は次の日のウェディングと店のケーキの仕込み。楽しすぎるやろ?

返信先:@takaneohkura 唇が重なったところで音楽が一度途切れてキスしてるーーー!??って現状把握ぶわーってしたところで盛大にサビが流れてしまうキくん仕様🥳✨ロマンチですね✨ウェディング~💒キスの責任とれよなって付き合うって意味でキくんが言ったらいきなり婚姻届持ってくるダさんですねこれは🤔

返信先:@hysd59 フォトウェディングのやつははじめにCDって出るの!だからたぶん音楽は聞けるんだけど写真のCDはみえないレコーダーなのかも💦 ありがとう〜!!

TBS「ひるおび!」で特集されていた 「宝塚音楽学校のルール」については、 第3話「ハッピーホワイトウェディング」に詳しく #ヅカメン #ひるおび #宝塚音楽学校のルール #宮津大蔵 pic.twitter.com/4bX5FaGQLt

ウエディングミュージック基礎=約28分 ●ウエディングPA基礎=約22分 ●音楽著作権基礎=約56分 ●コミュニケーション基礎=約43分 音楽著作権パートのみ配布資料があります。

返信先:@mk_ishi そうなんですよね。今とは違い、音楽業界は潤っておりました。個人的には「ハッピーサマーウェディング」のインド映画(←ほとんど知りませんが)みたいなPVが好きです。

イベント設営もそう、ウェディングプランナーもそう、今のポーカー関係を続けるもよし、他色々と働くもよし なのに、親は「学費高いんだから音楽を演奏する職につけ」とうるさい。 貴方たちの進路じゃないし、そのくらい選ばせろって話だよなあ。